• 施設、里親、養親のもとで育ち巣立った当事者のインタビューサイト
    LINEで送る
    Pocket

     

    生まれ育った環境に関わらず、

    誰もがいきいきと生きることができる社会の実現に向けて。

    世界に二つとない、育ち・巣立ちのエピソード。

    そして、彼らが実現したいこと。

    当事者のリアルを、あなたへ。

     

     


    運営者について

    川瀬 信一(かわせ しんいち)

    1988年千葉県生まれ。幼少期、ゴミだらけの家で親から虐待を受けながら育つ。

    中高校時代、里親家庭、児童自立支援施設、児童養護施設で過ごす。

    高校卒業後、千葉大学・同大学院、慶応義塾大学福澤諭吉記念文明塾を経て、中学校教員。

    2015年より、自身が過ごした児童自立支援施設に勤務。

    平成30年度厚生労働省「児童養護施設等への入所措置や里親委託等が解除された者の実態把握に関する調査研究」検討委員


    Special Thanks(敬称略・50順)

    荒川 智子   牛山 奈津美   川瀬 紗依   楠 聖伸   志水 柚木   末吉 理   髙橋 凛   中村 俊介

     


    <メディア掲載情報>

    2018年2月17日|朝日新聞(全国版)はぐくむ 親と離れた子の現実、知って 「偏見払いたい」漫画化も 施設や里親家庭での経験、サイトに

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13363323.html

    2017年12月3日|NHKニュース 社会的養護に子どもの声反映を 仕組み考える集い

    2017年11月5日|毎日新聞(千葉版)【ひと】養護施設出身者ら紹介のサイト運営 川瀬信一さん

    https://mainichi.jp/articles/20171105/ddl/k12/070/034000c

    2017年7月10日|東京新聞(全国版)【私説・論説室から】そだちとすだち

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2017071002000124.html

    2017年6月4日|毎日新聞(千葉版)困ったとき親が頼れる相手増やそう

    「孤立させぬ支援大切」 自立支援施設教諭、体験語る 千葉で座談会

    https://mainichi.jp/articles/20170604/ddl/k12/040/111000c

    2017年6月2日|千葉日報「CHIBA UNIVERSITY PRESS(江戸川大学)」
    https://goo.gl/3hNQ5r

    2017年1月14日|東京新聞(千葉版)<大人って…18歳成人の課題> 児童養護施設出身者と考える(上)

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201701/CK2017011402000148.html

    2016年9月7日|おうち、てらす 「たった一度のこの体を使い切る」

    http://ouchiterasu.com/1608_01/

     


    <講演・研修等>

    大阪府立大学教育福祉学類 伊藤ゼミ|「子どもの声から始めようーインタビューサイト「そだちとすだち」の試み」(2018年7月23日)

    非行臨床学会>第10回非行臨床学会>研究発表|「生きづらさを抱える子どもたちー児童自立支援施設入所児童の理解とその対応」(2018年6月30日)

    千葉女子専門学校 初谷ゼミ×淑徳大学社会福祉学科 稲垣ゼミ|「当事者から支援者へーインタビューサイト「そだちとすだち」の試み」(2018年6月16日)

    子どもの虹情報研修センター>児童福祉関係職員継続研修|「社会的養護の子ども理解ー当事者の声に学ぶ」(2018年6月7日)

    つながれ~る>つながれ~る勉強会|「わたしたちにできることは何かー「つながり」について考える」(2018年6月2日)

    Children’s Views and Voices>総会・研修会|「つながることの意味」(2018年5月27日)

    NPO法人フク21ふらっとホーム>福祉交流会|「子どもの声から始めよう」(2018年5月21日)

    『はじめまして、子どもの権利条約』全国巡回展>ギャラリートーク|「子どもの声から始めよう」(2018年4月7日)

    NPO法人 虐待から子どもを守る支援ネットワークちば>定例研修会|「社会的養護の子ども理解ー当事者の声に学ぶ」(2018年3月11日)

    備中里親会>研修会|「社会的養護の子ども理解ー当事者の声に学ぶ」(2018年2月24日)

    早稲田大学人間総合研究センター>シンポジウム「子ども支援の融合に向けてー教育・福祉現場の声を紡ぐ」|「社会的養護の子どもと共にー子どもの現在・学校の未来」(2018年2月17日)

    Social First Step>勉強会|「新たな当事者の登場」(2018年2月10日)

    自由の森学園>教育講演会|「子どものチカラを信じる」(2018年1月20日)

    日本子ども虐待防止学会 学術集会ちば大会>大会企画シンポジウム|「社会的養護の子どもの参加・参画をめぐって」(2017年12月3日)

    NPO法人タイガーマス基金>タイガーマスク勉強会|「家族とは何か~施設・里親の育ちから考える」(2017年11月26日)

    千葉市専門職研修|「子どもの笑顔のためにつながろう」(2017年11月19日)

    NPO法人Social Salon>Social Salon|「児童養護から考える子ども達の未来」(2017年11月11日)

    一般社団法人ぐるーん・岡山市共同事業>社会的養護・里親制度についてのフォーラム「聞いてみよう、子どもたちの声 考えよう、私にできること」|「子どもの力を信じる」(2017年10月7日)

    NPO法人ちば子どもサポートネット>座談会|「児童虐待問題を考える」(2017年6月3日)

    早稲田大学里親研究会>定例研究会|「当事者視点でみる里親養育のポイント」(2017年2月4日)http://www.kawanalab.org

    NPO法人ちばこどもおうえんだん>千葉県子どもの人権懇話会|「当事者が語る施設生活と今」(2016年11月3日)

    報告集 www.geocities.jp/kodomosaponet/13kaizinkenkonwakai.pdf

    NPO法人タイガーマスク基金>タイガーマスク勉強会|「時間を共に過ごした支援者と当事者が語る社会的養護の今」(2016年5 月27日)

    http://www.tigermask-fund.jp/

    NPO法人 虐待から子どもを守る支援ネットワークちば>定例研修会|「当事者から支援者へ~被虐待、里親、施設、退所後の経験とこれから~」(2016年4月9日)

    http://chibacapnet.wixsite.com/chiba


    <出版物等>

    秋田書店『フォアミセス』にて、ごとう和先生による漫画「そだちとすだち」が3ヶ月に1本のペースで掲載されています。(2018年3月号、6月号、9月号)

     

    解放出版社『部落解放(2017年11月号)』|「生きづらさを抱える子どもたちに寄り添う― 問題行動への対応と多様性理解」

    http://www.kaihou-s.com/bl/bl_mokuji/bl_201712.htm

     

    講演等のご依頼はお問い合わせフォームからお願いします。

     

    LINEで送る
    Pocket