• 施設、里親、養親のもとで育ち巣立った当事者のインタビューサイト

    #011 陳 万里-ダンスとの出会いが人生を変えた-

    ブレイクダンスの大会『ばぶりしゃす!?』で優勝した陳万里さん。万里さんをダンスの世界に導いたのは、児童養護施設で出会った大学生でした。逆境にめげることなく、チャレンジを続ける万里さんに話を伺いました― …

    続きを読む


    #010 佐々木 保徳(仮名)-当事者から施設職員へ、子から親へ-

    児童養護施設から大学に進学し、施設の職員になった佐々木保徳さん。結婚し、新しい家族を築いています。当事者から職員へ、子から親へと立場を変え歩んでいく保徳さんの原体験とはーー   褒められるこ …

    続きを読む


    #009 佐藤 みすず(仮名)-まだ知らない世界を想い描く-

    施設を退所後、専門学校で漫画を学び、在学中にデビューを果たした佐藤みすずさん。この春、専門学校を卒業し新たな生活のスタートを切った彼女は、「できて当たり前のことができない」苦悩に直面しています。それで …

    続きを読む


    #008 渡邉 僚-「自分らしさ」は自らの手で-

    小学1年生のときから児童養護施設で育った渡邉僚さん。彼は、施設で生活していることを常に周囲に明らかにしていました。退所後は、新聞奨学生として専門学校へ。専門学校卒業後、自分らしく働ける場所を模索する彼 …

    続きを読む


    #006 山本 昌子-あなたは大切な存在-

    児童養護施設を出たあと成人式を迎える女性に、振袖姿の写真を撮る「ACHAプロジェクト」に取り組んでいる、山本昌子さん。彼女の生い立ちと、プロジェクトを立ち上げたきっかけとは―― グループホームでの生活 …

    続きを読む


    #005 阿部 華奈絵-20才になったその日、世界はまた広がった-

    小学1年生のときから、継父の暴力を受けていた阿部華奈絵さん。中学3年生で親元を離れたことをきっかけに活動的な自分を取り戻し、インターハイの実行委員長を務めるまでになりました。20才になった阿部さんが、 …

    続きを読む


    #004 進 義嗣-ファッションを通じて子どもたちに自信を-

    5才で児童養護施設に入った進さん。母への想いから、卓球に打ち込みます。荒れた中学時代、一度は卓球を離れました。しかし、大切な人を亡くしたことを機に再開し、全国大会に出場しました。大学卒業後、ファッショ …

    続きを読む


    #003 本田 万里(仮名)-堂々と生きられない私を支えてくれた人たち-

    中学生のときにDV防止法の保護下に入って以来、名前を使い分けて生活している本田万里さん(仮名)。堂々と生きられないことに苛まれる彼女は、17歳で児童養護施設に入った。どん底にあった彼女を支えたのは―― …

    続きを読む


    #002 日向寺 雅志さん-怒られても、その奥にある優しさを感じていた-

    高校卒業後、電気関係の仕事に就いた日向寺雅志さん。施設を出たばかりの彼が、それまでのそだちを振り返り、率直な想いを語ります――   何もわからないまま里親のもとへ ――生い立ちについて教えて …

    続きを読む


    #001 久波 孝典さん-2年の苦悩から2ヶ月間で脱することができた理由-

    大学で社会福祉を学びながら、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレンの職員やあすのばの理事として、子どもを取り巻く様々な問題と向き合う久波孝典さん。彼の育ちと、進路選択の苦悩から解放されるきっかけとな …

    続きを読む