クラウドファンディングとは

ファンを付けたらこっちのもの?クラウドファンディングのファンがいる強み

投稿日:2019年2月5日 更新日:

クラウドファンディングの魅力の1つは、やはり起業家達とファンとのコミュニケーションがある事でしょう。

自分のサービスが本当にいいものであれば、ファンは勝手についてきてくれます。

クラウドファンディングを利用する時はファンを獲得する事を最優先に

クラウドファンディングを使って自分が資金調達をする場合、一番重要視すべきはなんでしょうか?

期間?見栄え?リターンが何にするか?

もっといろんな可能性があるとは思いますが、、
そして、これらは確かにどれも大事な要素ではありますが、決して1番ではありません。

結論をいうと、一番大事にすべきはファンを獲得する事なんです。

なぜかというと、先ほども行ったように、他の記事でも何回も言っているように、クラウドファンディングで最重要すべきはファンとのコミュニケーション手段なんです。

これは非常に心強い見方で、アイドルとかも一緒ですが、一旦ファンがつくと、その人は自分の資金や時間を犠牲にしてでも、アイドルに投資しますよね?

それと同じなのです。

その関係は、決してアイドルとオタクの間柄だけではありません。

あなたは、アイドル並にファンを熱狂させなければならないんです。

支援者としてのクラウドファンディングの魅力

今までは起業家目線でクラウドファンディングを語ってきましたが、一方で、当然支援者としてのクラウドファンディングの魅力についても触れていきましょう。

少ない資金で応援できる事

いろんなリターンのパターンがありますが、最大の魅力は少ない資金からスタートできる事です。

概ね、最低額の資金は500円で、順に1000円、3000円、5000円、10000円、50000円、300000円などと徐々に金額が増えていく事が一般的です。

当然、その金額が増えるほど、リターンの内容は充実していきます。

例えば、500円で一般的なのはありがとうのメッセージをメールで送りますとか、ホームページのspecial thanksの欄に名前を載せますとか、そんなところが一般的ですね。

一方で、300000円とかは内容が凄まじく、サービスの立ち上げ時のローンチじの立ち上げパーティに招待とか、関係者しか入れないような施設に入れたりとか、とにかく内容が豪華なんです。

こんな金額誰が払うのよ、、と思うかもしれませんが、結構人気の記事やサービスではこれくらいの金額も出資されているので本当に驚きます。

最大金額は概ね50万円

じゃあ100万円とか、1000万円のリターンはもっとすごいんじゃないの!

と胸を膨らませている方もいると思いますが、残念、大体のクラウドファンディングサイトはそのリターンの上限を50万円と定めています。

なぜ上限金額が決まっているのでしょうか?

関係者ではないので詳しい事は分かりませんが、その理由の1つとしてはトラブル防止があるのかもしれません。

あまりにリターンの金額が大きいと、その見返りも凄まじいんじゃないの?と過度な期待をする人もいるでしょう。

1000万円払ってこれかよ!と怒りを買ってしまうと、その後の訴訟問題なんかも発生する可能性があり、とてもめんどくさい事が起きるリスクが高まってしまいます。

という事で、私の勝手な推測ですが、これくらいの金額が妥当なのではないでしょうか。

-クラウドファンディングとは

執筆者:

関連記事

急成長中!クラウドファンディングとは

このサイトでは、近年急成長の注目株、クラウドファンディングについてスポットを当てていきます。 クラウドファンディングって何?クラウド?なんかIT業界とかそういう話? なんかそういった感想が聞こえてきそ …