クラウドファンディングの特徴 未分類

頼りすぎは要注意?クラウドファンディングに潜むデメリット

投稿日:2019年9月2日 更新日:

多くのメリットを挙げてきたので、クラウドファンディング使えそうじゃん!よし今すぐ登録するぞ!

と意気込んでいる人も多いかもしれません。

でも、少しだけ待ってください。

確かにクラウドファンディングはメリットが多いのは事実ですが、当然その反面、デメリットも存在します。

ここではいくつか紹介していきたいと思います。

クラウドファンディングに潜むデメリット

個人情報のリスクに注意

通常の銀行融資などの形は、当然リアルの世界の話なので、銀行の担当者と自分の間のみで話が行われます。

銀行にハッカーが進入して個人情報が流出しない限りは、あなたのプライバシーが侵害される心配はまずないでしょう。

しかし一方で、インターネットを介して行われるクラウドファンディングの場合、あなたのプライバシーが脅かされる心配が少なからず出てきます。

例えば、あなたが実名で記事をアップしていた場合、それの名前をコピーしてFacebook上で検索し、あなたの出身大学や出身地、結婚しているかどうか、昨日はなんの画像をアップしていた、、なんて事も包み隠さずバレてしまうわけです。

悪意がある人だけでなく、これくらいの検索リテラシーは半分以上の方が持っているでしょうから、その気になればほとんどの人はこれらの個人情報にアクセスできるわけです。

あなたは、そんな状況に耐えられますか?

これらの流出を防ぎたいのであれば、やはり普段からというこう内容に気を付けておくとか、住所とかがバレないように変な写真は載せない、などといった普段からの心構えが重要になってきます。

プロジェクトが失敗するリスク

クラウドファンディングの特性上、仕方のないことですが、プロトタイプであるため当然そのプロジェクトは完成度が低いところからスタートします。

これは、すなわちその商品が量産されないリスクもあるわけで、つまりはプロジェクトが失敗するリスクが多分に含まれているわけです。

そうすると、当然応援してくれていたファンはガッカリしたり、中には怒り出して問題を起こしてしまうケースなんかもあります。

場合によっては風評被害なんかにも及ぶ可能性があると思います。

風評被害を回避する方法

この風評被害やプロジェクト失敗時のリスクを軽減するには、やはり普段からプロジェクトの進捗や難しい点を伝えておく事が重要だと思います。

であれば、いきなりプロジェクト失敗!などということにならず、ある程度出資者達も覚悟する時間が確保できることになります。

また、当然ながら目的なんかも伝えておきましょう。

あなたがお金儲けだけに走っているのであれば、おそらく出資者達もお金もうけ目当てで資金を入れてくれているにすぎません。

目的を共有する事は、あなた自身を守ることにもつながります。

資金の使い道を伝えておく

中でも特に重要なのは、もらった資金をどういった使い道で使っていくのか、ということです。

これが透明性高く行われてないと、何にいくら使ったかがわからないため、やはり出資者側としては不信感を持ってしまいます。

可能な限り、しかも頻繁にあなたの進捗と状況を伝えましょう。

細かい気配りが大事になってきます。

-クラウドファンディングの特徴, 未分類

執筆者:

関連記事

クラウドファンディングのメリットを1つずつ丁寧に紹介します

前回は、クラウドファンディングのメリットについて紹介してきました。 今回は、そこで書ききれなかった内容について続きを書いていきます。 手が疲れて前は力つきましたが、、今回は頑張りますよ! クラウドファ …

これがクラウドファンディングの基本的な仕組み!中年でも3分で理解できます

さて、このサイトでは中年の方に焦点を当てて、あまり柔らかくない頭を(控えめな言い方)使って新しい言葉を覚えてもらうサイトです。 そして目標としては、中年のあなたにもクラウドファンディングの当事者になっ …

ひとまずはこれだけ抑えましょう!国内の有名クラウドファンディングサイト4選

今まではクラウドファンディングのメリットとデメリット、そしてクラウドファンディングサイトが潰れてしまっては意味がない、という注意点についてお伝えしてきました。 それでは、具体的に日本にあるクラウドファ …