クラウドファンディングの特徴

これがクラウドファンディングの基本的な仕組み!中年でも3分で理解できます

投稿日:2020年4月25日 更新日:

さて、このサイトでは中年の方に焦点を当てて、あまり柔らかくない頭を(控えめな言い方)使って新しい言葉を覚えてもらうサイトです。

そして目標としては、中年のあなたにもクラウドファンディングの当事者になって新しいビジネスを初めてもらう事にあります!

むり?

いえいえ、全然そんな事はありませんよ。

だって、世の中には名声も力もお金も何もない10代の若者が、クラウドファンディングを活用して何千万円もの資金調達を普通にする時代なんですよ。

40代や50代にもなってくると、それなりの社会的地位やお金、その他もろもろの力のある事を持っている事でしょう。

コネクションだってあるはずです。

つまりあなたは、10代の方ができている事に対して、あなたができない理由なんてどこにもないわけです。

というわけで、心の準備はいいでしょうか?

クラウドファンディングの仕組みを簡単に解説

クラウドファンディングは、一般ユーザにとっては、募金システムや投資システムに少し近いイメージだと思ってもらえれば良いです。

大体の構図としては、こうです。

意志や熱意を持った人が、クラウドファンディングのサイトでページを立ち上げる

→その中で、自分の熱い思いをただひたすらに語りまくる!!ただひたすらです。

この時、その記事の中で動画での説明をしている場合が多いですが、他にも補足的な説明を記事ページの中で紹介している場合がほとんどです。

例えば、その時の開発秘話でこんな事がありました、とか自分の熱意の背景には去年亡くなったおじいちゃんの影響があります、とか。

まぁ、とにかくユーザの心を動かせればなんでも言い訳です。

→そして、一般ユーザはその記事をみて心に止まったら、お金をあげるわけです。

この時、当然お金を渡すわけではありません。

だって、そんな事をしてしまったらただの募金となんら変わらないわけですから。

クラウドファンディングと募金の違いは、そのリターンがあるかないかによります。

クラウドファンディングと募金の違い

募金は、当然自分の払ったお金に対して何かの見返りを期待するものではありません。

そんな人は募金なんてしていけません。

一方で、クラウドファンディングはリターンを求めます。

具体的にどういったリターンがあるかは本当にそれぞれなので、ここで詳細を伝えるのは控えますが、本当に色々あります。

試しに、クラウドファンディングでググってその記事を見てみると分かると思います。

とにかく、クラウドファンディングはリターンを求めるわけです。

このリターンがインセンティブになって、その支持者たちは自らの資金を差し出す事になります。

わずかな金額で誰かを指示できる面白さ

クラウドファンディングはわずか数百円から数万円で、誰かの背中を押す事ができます。

これが、普段の我々では経験しない体験で、味ってみると実に面白いシステムである事がわかって頂けると思います。

何か普段の生活で、500円玉1枚で誰かを応援した事なんてありますか?

ほとんどの人がない事でしょう。

クラウドファンディングは、これを提供するサービスなんです。

500円玉1つで、才能のあるアーティストや芸術家、起業家やサービスなんかを応援できたら面白くありませんか?

ぜひ一度、これを味ってみる事をオススメします。

もう戻ってこれない快感があるかもしれませんよ。

-クラウドファンディングの特徴

執筆者:

関連記事

頼りすぎは要注意?クラウドファンディングに潜むデメリット

多くのメリットを挙げてきたので、クラウドファンディング使えそうじゃん!よし今すぐ登録するぞ! と意気込んでいる人も多いかもしれません。 でも、少しだけ待ってください。 確かにクラウドファンディングはメ …

クラウドファンディングのメリットを1つずつ丁寧に紹介します

前回は、クラウドファンディングのメリットについて紹介してきました。 今回は、そこで書ききれなかった内容について続きを書いていきます。 手が疲れて前は力つきましたが、、今回は頑張りますよ! クラウドファ …